やってよかった「自毛植毛」の治療

やってよかった「自毛植毛」の治療

父は薄毛で悩んでいなかったのですが、祖父が明らかに薄毛だった私は、世の中でよく言われている隔世遺伝という言葉をしみじみと感じていました。
それは20代の後半になった頃から自分自身が薄毛になってきたと感じいたからです。
もちろん隔世遺伝などという事は迷信かもしれませんが、薄毛になってしまうと、そんな事も思ってしまうのです。
まだ30歳前、これは何とかしなければと考えていた時に出会ったのが「自毛植毛」というものです。
これは自分の頭部の髪の毛が生えている部分を薄くなった場所に移植をするというもので、最初は怖さもありましたが、丁寧なカウンセリングを受けてその怖さもなくなり、自毛植毛を受けてみました。
仕上がりには大満足で、本当に体験してみてよかったと思っています。


http://www.nealschon.net/?nea=2