一昔前の在庫管理は本当に大変!

一昔前の在庫管理は本当に大変!

最近は、どの商品でも在庫管理は、ほとんどコンピューターでなされている事でしょう。
かつて、文房具の小売店で働いていた時がありましたが、その時は在庫管理は全て手作業で行っていました。
文房具は、商品の種類が本当に多くて、鉛筆一本から数えて行う棚卸は、毎年地獄のようでした。
でも、これを行わないと在庫管理が出来ないので、みなで必死にやっていました。
でも考えてみると、人間の手でやっているので、多少の誤差は必ず生じます。
となると、正確な数字が出ていない事になります。
こうしたことを考えると、現在のようなコンピューターで一括管理の方が、初期投資にお金がかかっても、将来的に見れば採算が取れると判断できます。
もちろん、一個ずつ数えてやっていた場合は、それなりの人件費もかかります。
コンピューターなら、一人で管理できます。
実に便利な時代になったものです。


http://www.nealschon.net/