保証人不要のアパートがなぜ可能なのか

保証人不要のアパートがなぜ可能なのか

アパートを借りるときに必要となるのが、連帯保証人です。
そもそも、連帯保証人というのは、どのような役割なのでしょうか。
万が一、入居者が所在不明などになったとき、もし家賃を滞納していた場合、入居者に代わって家賃を支払うというものです。
正直言って、進んでなろうというものではありません。
多くの場合、保証人は親族がなったりする場合が多いのですが、親が高齢だったり、遠方にいたりする場合は、なかなか望めません。
仮に条件を満たしたとしても、進んでなってくれる人はそういるものではありません。
そんな時、保証人不要のアパートを選ぶと、保証人をさがさなくてもよくなります。
では、保証人不要のアパートは、なぜ連帯保証人が必要ないのでしょうか。
多くのこのようなアパートの場合、保証会社と契約をすることになります。
保証会社というのは、保証人を仕事としているようなものと考えてください。
そうすることで、連帯保証人不要となるのです。
しかし、連帯保証人不要の場合は、それなりのリスクもあります。
このプランを選ぶと、家賃が高くなることが多いんです。
もしそれが嫌な場合は、建て替え間近のアパートを探すと、保証人不要という場合もあります。
敷金礼金なし、保証人不要の家具付き格安アパート | オークハウス


http://www.nealschon.net/