メール誤送信の対策は?

メール誤送信の対策は?

電子メールのありがちなトラブルのひとつに、誤送信があります。
宛先を間違えて送ってしまった、添付ファイルを付け忘れた、或いは間違ったファイルを添付した、書きかけを保存しようとして送信してしまった、等など、送るべきでない状態でメールを送信してしまったことを言います。
いずれもうっかりミスのようなものですが、場合によっては重大なトラブルになることもあります。
特にビジネス上では、情報漏えいが発生する原因ともなります。
もし誤送信をしてしまった場合の対策は何かあるでしょうか。
基本的には、一度外へ送信してしまったメールは取り返しがつきません。
できることと言えば、すぐさま相手先に連絡を取って謝罪をし、見られてはならない内容であれば破棄してもらえるようにお願いするくらいのことです。
誤送信の事実をなかったことにすることはほぼ不可能と言っていいでしょう。
メールの誤送信は基本的にはヒューマンエラーで、誰にでも起こりうることです。
ですから、まずはひとりひとりが、注意深くなることが最大の予防策です。
最近では、メール誤送信を防ぐためのシステムやソフトウェアが開発されています。
例えば、送信前に宛先や内容を再確認させる機能や、送信メールをいったん留置きして一定時間内なら送信取り消しができる機能、メール内容を全文保存のうえ検索をして送信内容に問題がないか管理する機能など、さまざまなソリューションがあります。


http://www.nealschon.net/