新しい資金調達の方法ファクタリングについて

新しい資金調達の方法ファクタリングについて

ビジネスにおいて、時たま出てくる「ファクタリング」の意味をご存知でしょうか。
それは「借りない資金調達方法」であり、保有する売掛債権をファクタリング会社によって買い取ってもらい、それを直ぐに資金化することをいいます。
メリットとしては、売掛金を支払い予定のサイトより早く現金化することで、運用や活用ができるということです。
このファクタリングは欧米では中小企業の資金調達術としてはすでにメジャーですが、日本国内ではまだまだ認知度が低いようです。
しかし、ファクタリングをすることによって、キャッシュフローの改善を見込めるなどのメリットがあるので、最近利用する企業が増加してきています。
融資や借入といった形ではなく、売掛金の売買ということなので、銀行融資を断られたり、赤字決算や責務超過の状況などであったりしても利用することが可能です。
信用取引の融資と違うので、審査方法も全く違います。
ファクタリングには保証ファクタリングや、買取ファクタリングなどといった様々な種類があり、2社間でのファクタリングに対応している会社も存在します。
そのメリットとしては、外部に経営状況が漏れる心配が無いので、登記にかかる費用が抑えられるのです。


http://www.nealschon.net/